団体受験のお申込み

会計ファイナンシャル検定®

団体受検とは

  • 学校等の教育機関・各種法人・企業等の団体は、所属する学生・受講生・社員の方をとりまとめ、一括して受験申込をすることができます。
  • 団体受験申込をすると、学校や会社内に受験会場を設けることができます。(当協会が指定をする試験会場でも受験可)
  • 団体受験申込をすると、検定料より一部、受付手数料、監督・施設手数料が控徐されます。

活用方法

  • 団体受験申込をすると、当協会からの受験票や合否結果通知書の発送が団体宛になるため、以下のような活用方法があります。
企業での活用方法
  1. 社員の実力確認・フォローアップとしての活用(資格受験・取得)
  2. 社員の自己啓発支援
  3. 社員の昇進・昇格または配置転換の試験としての活用
  4. 発展的な研修としての会計講座の開講

…など

学校関係での活用方法
  1. 会計・ファイナンス科目の内容習得の確認と認証(試験受験と資格取得)
  2. 就職活動の支援(履歴書などに明記し、希望就職先での面接時にアピール)
  3. 就職後の仕事の場面での活用/li>

…など

団体受検条件

教育機関(大学・短期大学・専門学校・高校・職業訓練校・スクール等)、各種法人、企業等の団体であり、原則として10名以上とさせていただきます。

  • ただし、10名未満の場合でもご希望の場合は一度当協会事務局まで、下記フォームからご相談ください。

団体受検の注意事項

  • 受験希望者には、受験要項をお渡しください。(当協会Webサイトの受験要項をプリントアウトしたものでも可)
  • 団体受験申込を正式に受理しましたら、団体受験申込の際ご入力いただくメールアドレス宛へ、各受験生の受験番号、受験級、氏名等を記載した受験票を受験生の人数分送信いたします。
  • 受験票は、お申込を受け付けてから随時送信いたします。(受験料のお振込みの確認が取れていない場合であっても、締切日までにお振込みがされるものとみなして受験票を送信する場合があります)
    E-mail(受験票)をプリントアウトして各団体様で責任をもって、受験生の皆様に受験票(プリントアウトしたもの)をお渡しください。

団体施設を使用する場合の注意事項

  • 試験日・試験時間等を変更して検定試験を実施する行為は一切認めておりません。公平性が保たれなくなりますので絶対にしないでください。もしこのような行為が後で発覚した場合、試験結果等すべて無効となります。
  • 受験生の配置について


団体受検のご案内ご請求フォーム

  • 2018年12月2日実施予定検定試験のお申し込みは終了致しました。

団体受験申込をご希望の方、団体受験につきもっと詳しい内容をお知りになりたい方は、以下のフォームより、「団体受験のご案内」をご請求ください。

当協会より、登録いただきましたメールアドレスに添付ファイルにて「団体受験のご案内」を送信致します。


PCからのメール受信が可能なアドレスを記載ください。




日中ご連絡のできる電話番号を入力してください。

受験者数は10名以上ですか?

送信承諾