練習問題

この記事は全部で3ページです。

ファイナンシャル知識

問題1 ≪形式:正誤(○×)式≫

次の各記述について、正しいものには○印を、誤っているものには×印を付けなさい。

1.企業形態には、合名会社、合資会社、合同会社、株式会社の4つの形態があげられる

正解
正解:○
企業形態には、合名会社、合資会社、合同会社、株式会社の4つの形態があげられる。

2.株価収益率とは、株価と総資産の関係を示したものである。

正解
正解:×
株価収益率とは、株価と利益の関係を示したものである。

3.生命保険料は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率によって算出される。

正解
正解:○
生命保険料は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率によって算出される。

4.マネーストック統計とは、日本銀行の国債の保有残高を示している。

正解
正解:×
マネーストック統計とは、我々の生活において流通している貨幣(通貨)そして金融資産の量がどのくらいあるのか、把握するための指標である。

5.直接金融とは、資本市場で株式や社債を発行することにより、投資家から資金を調達することを意味している。

正解
正解:○
直接金融とは、資本市場で株式や社債を発行することにより、投資家から資金を調達することを意味している。

問題2 ≪形式:選択式≫

次の記述について(  )内に示した語句のうち最も正しいものを選びなさい。

国内総生産とは、1年間における経済活動により、どれだけの ③(A.株主価値 B.付加価値)を生み出すことができたのかを示したものである。 景気動向指数は、④(A.週に1回 B.月に1回)⑤(A.内閣府 B.日本銀行)により発表されています。

正解
正解:③ B ④ B ⑤ A
国内総生産とは、1年間における経済活動により、どれだけの付加価値を生み出すことができたのかを示したものである。
景気動向指数は、月に1回、内閣府により発表されています。
いかがでしたか?最後は会計法務の問題です。

この記事は全部で3ページです。