練習問題

この記事は全部で3ページです。

ファイナンシャル知識

問題1 ≪形式:正誤(○×)式≫

次の各記述について、正しいものには○印を、誤っているものには×印を付けなさい。

1.金利および課税方法が同条件の場合、単利型商品と複利型商品では、複利型商品の方が、自由度が高く有利である。

正解
正解:○
複利型商品とは、投資元本と利息を加えた金額に対して利息が計算されるものである。そのため、金利や課税方法が、単利型商品と同等の場合、複利型商品の方が有利である。

2.普通預金や流動性預金の預金者に対する金利をコールレートと呼んでいる。

正解
正解:×
普通預金や流動性預金の預金者に対する金利をコールレートと呼んでいる。

問題2 ≪形式:選択式≫

次の記述について(  )内に示した語句のうち最も正しいものを選びなさい。

国内総生産とは、1年間における経済活動により、どれだけの ③(A.株主価値 B.付加価値)を生み出すことができたのかを示したものである。 景気動向指数は、④(A.週に1回 B.月に1回)⑤(A.内閣府 B.日本銀行)により発表されています。

正解
正解:③ B ④ B ⑤ A
国内総生産とは、1年間における経済活動により、どれだけの付加価値を生み出すことができたのかを示したものである。
景気動向指数は、月に1回、内閣府により発表されています。
いかがでしたか?最後は会計法務の問題です。

この記事は全部で3ページです。